地方市場はほんとに必要なのか? | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

地方市場はほんとに必要なのか?

 

ことに地方市場というのは産地育成と住民の台所を賄うという意味で極めて社会性がありソーシアルな仕事です。

足元を見ると宝の山がたくさんあるのに、それに気付きません。消費地の大市場の真似ばかりして売れ筋の農協共販ものを集荷したがります。なぜか? 楽をしたいからです。

しかし、販売力もない市場がこうしたことを真似ても収益には繋がりません。価格形成のメカニズムは教科書的には需要と供給のバランスですが、現実に取引は力関係で決まるからです。販売力のない市場は見栄を張った分、増し仕切りをさせられます。

だから地場産のものを独自に育成したほうがはるかに賢明です。

地方市場の経営者があまりにもお粗末すぎるから「道の駅」や「生産者直売者」が雨後のタケノコの如くできています。

地方市場は早朝に生産者の軒先集荷に徹するときでしょう!地場をもっと大切にです。社会性を失ったら、もう市場は不要でしょう。

 

 

 

 

 

Leave a Response