なぜ出荷者は市場に嫌われたのか? | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

なぜ出荷者は市場に嫌われたのか?

「すばる会員」入会案内

 

 

 

lgi01a201405311000 取引

 

 

ある九州の野菜出荷業者(A)と大阪の仲卸(B)は海外視察旅行がご縁で、取引を始めた。

商品は有機栽培の馬鈴薯(C)

Bのお得意先にはコープがあったのでCを育てることになった。

最初はなかなか計画どおりの価格で売れない。Bの売れ筋商品にしたいという根気強い辛抱があった。

そうした矢先、Aは同市場もう一人の知り合いの仲卸(D)に同じ商品をBに相談もせず、こっそり出荷してしまった。

Aはその市場に足を運んだことがなかったので状況を掌握できなかった。よもやBには分かるまいと思ったにちがいない。

しかし中央卸売市場といっても、土モノの売り場はそんなに広いものではない。しかも、仲卸は日ごろ自分の箱庭の如く売り場をチェックしている。

Bはそのことをすぐに発見して、激昂してしまった。

何の努力もせず右から左に飛ぶように売れていく商品なら、出荷業者はどこに販売してもいいだろう。

しかし、有機野菜というマイナーな商材をBが辛抱強く育てているときに、そんなことをしたらBが怒り心頭になるのは当たり前のことだ。

こうしてAは同市場から撤退せざるを得なくなった。

二兎を追う者は一兎をも得ず でした。

 

すばる会員お申し込みはこちら

 

Leave a Response