これが世界一大きな「桜島だいこん」と世界一小さな「桜島小みかん」だ! | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

これが世界一大きな「桜島だいこん」と世界一小さな「桜島小みかん」だ!

鹿児島市HPからシェア


鹿児島のシンボル桜島は、実は農産物の宝庫。様々な作物が取れる中でも桜島を代表する農作物といえば、「桜島大根」「桜島小みかん」どちらも鹿児島の冬を代表する農作物です。

「桜島大根」は、300年以上の歴史をもつ大根で、最も大きなものは「世界一大きな大根」としてギネスブックにも登録されています。現在のギネス記録は2003年に記録した、重さ31.1kg、胴回り119cmの大根です。1月から2月頃が収穫の最盛期であり、味の特徴としては一般の大根より繊維が細くて甘みがあり、味のしみこみが良く、柔らかいのに煮崩れしにくいことから、煮物などによく用いられています。

「桜島小みかん」は「かごしまブランド」として産地指定されているみかんであり小粒ながら甘みが強く、独特のさわやかな香りが特徴です。多いものでは1本の木から数百キロのみかんが獲れることもあり、そのまま食べれば強い甘みが口いっぱいに広がるほか、スィーツやジュースなど加工もされており、様々な形でその味を堪能できます。

Leave a Response