大人の味? | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

大人の味?

MAFF農林水産省 maff からシェア

 

 

大人の味?

 

 

大人の味

 

 

 

みなさんは、「コノシロ(鰶)」という魚をご存じですか?

若い頃は、お寿司のネタで、光りものの定番とされている魚です。

コノシロは、成長していく中で呼び名が変わる、出世魚です。

呼び名は地域によって様々ですが、孵化してから5㎝くらいまでの幼魚を「シンコ」、7~10㎝までを「コハダ」、12~14㎝までを「ナカズミ」、それ以上を「コノシロ」と呼びます。

この中でも、シンコは一番値段が高く、1キロ当たり数万円することもあるそうですが、コノシロまで成長すると、皮が硬く、小骨も多くなるため、価格が落ちてしまいます。

しかし、冬はコノシロが旬を迎え、夏が旬のシンコやコハダよりも脂がのって、味が濃くなり、若い頃に負けないくらい美味しいとのこと。

煮付けや焼き魚で味わうのがオススメです!

写真提供:香川県水産課

Leave a Response