ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

エゴノキ


杉田 修一 さんからシェア

 

 

エゴノキ

 

 

エゴノキ

 

 

山の水田脇にエゴノキの樹がありたくさんの実を毎年つける。

万葉でも「ちさ」の名で詠まれている。

花の命は約一週間ほど。

地面いっぱいに白い絨毯が敷きつめられる。

実はコーヒー豆に似たふっくらとした実がなるが、未熟な実はサポニンの発砲物質でかむと苦く、えぐみがあることからエゴノキという名前がついたという。

昔は洗剤にも使ったという。魚毒性も知られる。

秋に熟すとヤマガラ専用の餌となる。今年はこの実をとって苗をつくの庭木にしたいなあと思っている。

ヤマガラのために。

Leave a Response