ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

「唐辛子」なのに「胡椒」?

MAFF農林水産省 maff からシェア

 

 

【「唐辛子」なのに「胡椒」?】

 

 

唐辛子

 

 

乾燥させて使うことが多く、一年を通して味わえる「唐辛子」。

国内では「三鷹」「八房」「鷹の爪」などの品種が栽培され、生のものは夏から旬を迎えます。

日本の唐辛子の歴史は、諸説ありますが、16世紀半ば、種子島に漂着したポルトガル船が、鉄砲と一緒に伝えたことにより、始まったと言われています。

当初は、あまりの辛さのため、観賞用として、また、足袋のつま先に入れて霜焼け止めとして使うなど、食べられてはいなかったようです。江戸時代になると、粉末にしたものをそばやうどんにかけるなど、薬味として使われるようになったとのこと。

ところで、九州発祥の「柚子胡椒」は、胡椒ではなく、青唐辛子が使われていることはご存じでしょうか。

これは、昔、熟して赤くなる前に収穫した青唐辛子のことを「胡椒」と呼び、九州の一部で方言として残ったことが、その語源となっているようです。

また、「唐辛子」と「唐を枯らす」が同音であるため、「胡椒」と呼んでいたという説もあります。

細かく刻んだ柚子の皮に、青唐辛子と塩を混ぜ合わせて作る柚子胡椒。

九州では、豆腐やお刺身、パスタに加えたりと食卓の名脇役として親しまれています。

夏バテ気味の担当ですが、いつもの料理に唐辛子の辛さを加えて、この夏を乗り切りたいと思います!

Leave a Response