ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

咲く?咲かない?

MAFF農林水産省 maff からシェア

 

 

【咲く?咲かない?】

 

 

りんどう

 

 

お盆が近づき、売り場にはお供え用の花が並び始めました。

「りんどう」は、日本原産の花で、野生種であれば秋の花ですが、「悲しんでいるあなたを愛する」という花言葉があり、お供え用の花として使われるため、お盆の花としても定着しています。

白色やピンクの品種もありますが、お盆では濃い青や青紫といったブルー系が主流です。花を組み合わせる時に、ブルー系のりんどうが入ることで全体の色味が引き締まり、また、そのスッと伸びた花姿もアクセントとなることから、人気が高いとのこと。

さて、切り花のりんどうには、開花するタイプと、つぼみのままのタイプがあるのをご存じでしょうか。これは、交配親の違いにあると言われています。

早生の「エゾリンドウ」系品種は、花弁が開かないものが多く、晩生の「ササリンドウ」系品種は花弁が開きます。お盆に並ぶのは、「エゾリンドウ」系品種が多いとのことです。

なお、開花するのはよく晴れた昼間だけで、夜間や天気の悪い日、室内の弱光では難しいようです。

凛とした印象のつぼみも素敵ですが、花が咲くと可愛らしさがあり、違う魅力が楽しめます。

暑さが続く中、涼しげなブルーにも癒されますね。

Leave a Response