ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

老化の主原因は血中のグルコースと活性酸素


Npo法人 日本マルベリークラブからシェア

原三郎さんのプロフィール

rp_1457693_668717569818019_57767567_n.jpg

 

NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在

桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動

Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry,silk-worm and cocoon.

 

 

 

 

 

老化の主原因は血中のグルコースと活性酸素

 

 

老化の主原因 (写真はクリックしますと全図がご覧になれます)

老化の主原因

 

顔とか体形が昔のように若々しくキレイであってほしい、と誰もが願っています。

老化速度は人によって異なります。老化の主原因は、血液に含まれるグルコースと身体のあらゆるところで発生する活性酸素です。

この2つの原因をできるだけ抑え込んでいる人の老化速度は、当然遅いのです。何の対策もしない人が早く老けるのは当然です。
どうすれば、老化速度を遅くできるのでしょうか。第一に意欲的に生きているか。

目標を持って、それに向かっているかですね。二番目には、適度の運動をしているか。第三番目は、食べ物です。血液中のグルコース量を増やす食品にかたよっていないか。活性酸素発生の原因物質(農薬、防腐剤、放射性物質など)を多く含んでいる食品を食べていないか。

食べ物の面から老化速度を遅くするには、一言でいえば、野菜を食べることですよ。大腸内に食物繊維が十分あれば、腸内細菌が短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸、酪酸など)を作って酸性にしてくれるし、乳酸菌が増殖できる環境にしてくれるし、水素(もっとも強力な活性酸素消去剤)まで作ってくれます。

これに加えて、セリシン液を塗って紫外線によって発生する活性酸素を防御し、桑の葉(桑茶、乾燥粉末、錠剤など)を飲んでおけば腸内細菌の活動が積極的になって、もっと良い効果が得られるでしょう。

還暦同窓会では、50歳に見える人もいるし70歳に見える人もいます。頑張って、還暦同窓会では、『同じ歳なのに』と羨まれる立場になりましょう。図の直線の左の方を見れば、実年齢30歳では、25歳から35歳の幅がすでにできています。

今すぐ、老化速度を遅くする努力をすれば、老化速度が速い人も、若々しさを保つ線(赤))に近づくことができます。頑張りましょう。

Leave a Response